PROFILE ― プロフィール ―

うわい ひこのすけ(H. Uwai)のプロフィール
愛知県尾張地方生まれ

小さい頃から絵を描くのが好きで、小学6年生の夏休みには、家族で訪れた上高地で出会った河童橋からの穂高連峰の風景に感動し、その風景を描いた絵を夏休みの宿題として提出した。
学生時代、山登りをするためにたびたび信州を訪れたことが縁で信州に住みつき、以来絵を本格的に描くようになった。

山や水のある風景を好んで描いている。中でも春先、田植えの頃、水を入れた田んぼに北アルプスの山々が映る典型的な安曇野の風景は大好きなモチーフ。

現場で描き始めることにこだわっている。車やバイクに画材を積んで風光明媚な場所を探し、ここぞと決めた場所に腰を下ろして夢中になって絵を描く。風景と対話しながら、時に川のせせらぎや鳥のさえずる音を耳を傾けながら、キャンバスに絵の具をのせていく。

一流の画家になることを目標に、画業に取り組んでいる。尊敬する画家は、印象派の巨匠、クロードモネ。生涯を絵に捧げ、光を描くことを追求した彼の生き方や、描かれた多数の作品の中に見られる色彩感に共感をおぼえる。彼に少しでも近づくことが目標。